30歳を過ぎて国際結婚アハハもあればトホホもある海外生活&モンゴル情報をお届け

コロナ禍でのモンゴルの現状は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

世界に猛威を振るっている新型コロナですが、モンゴルの現状はどうなっているのでしょうか?

気になる方もいらっしゃると思うので、ウランバートル在住の日本人絵本作家のMARIさんに昨年からのモンゴルでの生活の様子をお聞きた内容をまとめてみました。

▼MARIさんについてはこちらの記事でご紹介しています▼

【モンゴル在住歴20年】日本人絵本作家・画家として活躍するMARIさん

早い段階からの対策で国内感染を抑える

2019年に中国で新型コロナの感染が確認されてからかなり早い段階でモンゴル政府は感染対策を強化していました。

空港では入国後すぐの検疫など厳しい対策を施していたおかげもあって、しばらくは国内感染は抑えられていましたが、2020年11月に入ってからモンゴルでも「国内感染」(空港検疫などでの感染発覚を除いた国内感染のこと)が確認されました。

 

2020年1月から学級閉鎖、やっと再開したが…

昨年1月から学級閉鎖や外出禁止令が出て、保育園から大学まで全てが閉鎖になりました。
私立の学校はオンラインが充実していますのでそんなに勉強が遅れることはありませんが、公立はなかなかそこまでの内容を求めることは厳しく、私立学生に比べると勉強はどうしても遅れることになります。学業も大事ですが、食生活の問題方がもっと深刻です。

ゲル地区(上下水道システムがなく、石炭を使用しながら生活している地区)の方では食物も不足し、消毒液も売り切れて切羽詰まった状況となっていました。
ささやかではありますが少しでも力になれたらと思い、知り合いから購入した手の消毒液とシーベリー(ビタミン豊富な果実ジュース)と絵本を、特に経済的に大変な30家庭にゲル地区の保育園の先生を通じて寄付させていただきました。
すごく喜んでくれて心が温かくなりました。

その後、学校は2学期・3学期も再開されることなく、卒業式も中止で子供たちはそのまま夏休みに入りました。

9月に始業式があり、やっとなんとか授業再開できたと思っていた矢先、11月11日にまた突然の学級閉鎖、全ての公的機関の閉鎖、オフィスの閉鎖、交通機関の閉鎖と前回よりもより厳しい状況となりました。

 

ロックダウンで静まり返った首都ウランバートル

私はクリスマス絵本を制作中でしたが出版社もお休みとなり、完成した絵本は製作所で待機中になってしまいました。

2度目のロックダウンは前回とは違い、首都ウランバートルだけではなく、他の主要都市も含まれました。感染源となった方がコンサート会場や田舎などあちらこちらへ行っていたらしく、そこから感染者が徐々に増えてしまったためです。

ロックダウン後の初めの一週間、ウランバートル街はいつになくシーンとしていました。
その期間、生活に必要なスーパーだけは開いており、自宅から1番近くのスーパーだけは行っても良い許可が出ていました。
車もバスも使えず、歩いて遠くに行こうとすると警察に注意され、マスクなしでの外出は罰金ですし、「家族の間でも距離をとりましょう」と携帯電話にメッセージが送られてくるようになりました。

仕事ができなくなった人たちはさすがに3週間目になると生活が大変で、困り果てる人も出てきたり、ゲル地区の方では餓死者もて出たと聞きました。
息子はそんな生活が大変な地区へ小麦粉を届ける活動に参加したりしました。

12月上旬になってもタクシーや車は通行止めで、バスだけは朝と夜の規定時間にだけ動くようです。スーパー以外のお店はまだ閉鎖していますし、学校も2021年2月までお休みです。
オフィスの閉鎖は少し解除されて、個人ではない会社の場合は国の許可を得て仕事をしている人もいます。

せめて家の中は少しでは明るい気分になるようにと、私は仕事の合間に子供達のためにキャラ弁を作ったり、粘土細工でシルバニアの小物を作ったり、子供達は勉強の合間に折り紙で遊んだり、ミニバスケをしたり、絵を描いたりしてそれぞれか出来ることをしながら過ごしています。

 

こんなときだから…と近所の子供達へ絵本をプレゼントしたらとても喜んでもらえました。絵本を通して少しでも気持ちが和んでもらえると嬉しいです。

年を越す前にやっと日本へ絵本や原画やポストカードを東京の和楽ギャラリーさんへやっと送ることができ、一安心です。今回の原画はいろいろ願いを込めて、ペガサスやクリスマス系の原画を描かせていただきました。こんな時でも私の作品を待っていてくれる人がいることはとてもありがたく思います。

 

2021年1月現在の状況は?

新年が明け、今まで2ヶ月以上のロックダウン・緊急事態宣言・学級閉鎖が続き、コロナの問題でデモも起きていましたが、現在(2021年1月下旬)は、いろんなお店は再開されるようになりました。

待機中だったクリスマス絵本も無事に発売されました♪

日本でも原画や絵本⁽日本語モンゴル語の同時通訳版)・ポストカードを販売しています。90点以上の作品がありますので、見るだけでも楽しめます♪

よかったらこちら↓のサイトを覗いてみてください。

ぎゃらりー和樂通販サイトhttps://wagaku.cart.fc2.com/

日本も緊急事態宣言が出ている中で、いろんな状況に心配が絶えないこととは思いますが、 どうぞ暖かくなさってビタミンや緑茶などを召し上がって、体調に気をつけてお過ごしください。

早く安心して過ごせる社会になることを、平穏な世界になることを、心より願いつつ…

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© チビママ子のブログ , 2021 All Rights Reserved.