モンゴル最大のお祭りナーダム祭の開催日や会場は?見どころは?

      2017/07/23



スポンサーリンク

毎年7月に行われているモンゴル最大のお祭りがあります。

それは、ナーダム祭。

モンゴルの伝統のスポーツであるモンゴル相撲・競馬・弓射の祭典です。

このナーダム祭は、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

夏の恒例行事としてモンゴル国内の至る所でナーダム祭が開催されますが、中でも一番盛大なのが、首都ウランバートルのメインスタジアムで開催される大会です。

普段はなかなか見ることのできないモンゴルの文化を体感できます。

 

ナーダム祭の歴史

ナーダム祭は、モンゴルに古くから伝わる祭典の一つで、国家的行事となった1921年から革命記念日を祝うために行われるようになりました。

 

開催日はいつ?会場は?

開催日は、毎年革命記念日にあたる

7/11~7/13までの3日間です。

会場は、ウランバートル市内のメインスタジアムと郊外にある競馬会場(フイ・ドローン・ホダグ草原)で開催されます。

地方のナーダム祭は地域ごとにそれぞれスケジュールが組まれています。

 

見どころは?

騎馬隊のパレード


出典:http://www.nomadicvoyages.com

開会式の前に、9本の白旗の掲揚式が行われます。

政府宮殿のあるチンギスハーン広場からメインスタジアムまでの約2キロを旗を持った騎馬隊が、たくさんの観客の歓迎を受けながら行進していきます。

騎馬隊が持っている9本の白旗は、この時だけ政府宮殿から持ち出され、メインスタジアム中央の壇上に備えられます。

そして、騎馬隊の馬は、この日のために調教されている馬の中でも選ばれし馬たち。
騎馬民族を彷彿とさせる騎馬隊のパレードは、凛々しくてとってもカッコイイです。

ナーダム祭2日目の夜には国旗降納式が行われます。
メインスタジアムから政府宮殿まで行進してくる騎馬隊を再び近くで観ることができ、旗は政府宮殿に納められます。

 

開会式

開会式は約1時間半行われます。

スタジアムはモンゴル各地から集まった選手や観客でいっぱいに埋めつくされ、開会式には大統領をはじめ、首脳や各国からの来賓も参列されます。

モンゴルの歴史をストーリーにした動きのあるダイナミックなパフォーマンスや、華やかな民族舞踊など活気あふれるパフォーマンスが見どころです。


出典:http://www.toursmongolia.com

  icon-exclamation-triangle 観客席の通路や座席の間は、人がすれ違えないくらい狭いです。

チケットを持っている人だけが会場に入れます。座席番号はチケットに記載されています。

観客席の通路がとても狭いので、一度席に座ると出入りするのに苦労します。
特に開会式は満席になるので、会場へ入る前にお手洗い(会場の外、有料300Tg)を済ませ、開始前には席に着いておいた方が良いです。
遅れて行ってしまうと、席までたどり着くのが大変です。

 

モンゴル相撲(ブフ)


出典:http://www.mongolia-trips.com

男の競技

21ある各県から数百人のつわものたちが集い、白熱した戦いが繰り広げられる男の競技、モンゴル相撲。

開会式が終わると、モンゴル相撲の始まりです。同時に何組もの取り組みを行いながら、トーナメント方式で優勝を競います。

モンゴル相撲に階級や土俵はありません。

ルールは手をついただけでは負けにならず、相手の膝または背中などが地面に着いたときに勝敗が決まります

時間制限もないので、勝敗が決まるまで長い時間がかかることも。
まさに、男の戦いです!

メインスタジアムでの決勝戦は2日目(7/12)の午後に行われます。

ナーダム祭ならではの熱い興奮に包まれる瞬間を体験してみてください!

見事勝利を勝ち取た者には称号が与えられます。

 

競馬


出典:http://www.mongolia.travel

注目は2歳馬のレース

一番人気の競馬は、メインスタジアムから車で1時間半ほどのフイ・ドローン・ホダグ草原で行われます

観戦ポイントはゴール付近の観客席。

レースが始まる2時間前でも観客席はすでに人がいっぱい。良いポジションで観たければ、気合をいれて朝6時くらいに会場へ行ってみてください。

レースは2歳馬、3歳馬、4歳馬、5歳馬、6歳以上、種馬の各レースが行われ、数百頭の馬が草原を駆け抜けていきます。
走る距離は馬の年齢によって違い15㎞~30㎞超ほど。

特に注目が集まるレースは、幼い2歳馬のレース。

長い距離を猛ダッシュするので、中には途中でリタイアする馬も出てくるほど…。

2歳馬のみ、1位の馬と同様に、一番最後にゴールした馬にも「来年は一番になるんだよ!」と祝福がおくられるそうです。モンゴル人の馬に対する愛情が見てとれますね。

モンゴル競馬の騎手は、6歳から12歳までの子供たちです
長距離を走る馬にとって、体重が軽い子供は負担が少なくスピードが出るからだそうです。

レースで優勝することは馬や騎手、そして馬の飼い主にとっても大変名誉なこととされているので、参加者はこの日のために馬を調教し、レースに臨みます。愛馬と共に参加する子供達も真剣そのもの。

各レース5位までの馬には馬乳酒をかけて祝福します。

 

弓射


出典:http://oneworldoneyear.com/

 老若男女が参加できる人気のスポーツ弓射

弓射は個人戦と団体戦があり、老若男女問わず参加ができる競技です。

的までの距離は男性は75m、女性は60m、17歳以下の男子は年齢×4m、女子は年齢×3mの距離。

弓(ノム)は長さ1.5m前後、矢(ソム)は約1mのものを使用し、的は牛や馬などの皮から作られたソルを積み上げて作ります。

ルールは「60個積み上げた的(ハナ)」と「30個積み上げた的(ハサー)」2種類の的にそれぞれに当たった数で勝敗が決まります。
観客も「当たった!」「あ~惜しい!」と声をかけながら一緒になってその雰囲気を楽しみます。

優勝者には「メルゲン(弓名人)」の称号が与えられます。

弓射の会場は、メインスタジアムから歩いて5分くらいの場所です。
会場も観客席もそれほど大きくありません。観客席でじっくり見たい場合は、開会式が終わったらすぐに移動した方が良いと思います。

スポンサーリンク

 

ナーダム祭に欠かせない食べ物ホーショール

スタジアムの周りには、ホ―ショールや馬乳酒、アイスクリーム、飲み物や帽子、おもちゃなどたくさんの出店が並んでいます。
その賑わい方は、まるで市場(ザハ)です。

モンゴル料理の中でも、ナーダム祭には欠かせないのがホーショール

ひき肉を小麦粉の皮で包み油で揚げた料理で、モンゴル人にも外国人にも人気があります。

そして、夏の名物の馬乳酒

田舎からトラックで馬乳酒のタンクを積んで、売りにきている人たちがたくさんいます。
それぞれ酸味のキツさが少し違うので、飲み比べするのも楽しいです。
その場で飲むだけでなく、大きいペットボトルに入れて持ち帰るモンゴル人もみかけます。

 

【関連記事】
モンゴル料理は日本人でも食べやすい?おススメのおいしい料理はどれ?

 

一般チケット発売日、料金、購入場所

開会式や各競技を観戦するにはチケットが必要になります

 

《日本から参加する》

各旅行会社で「ナーダム祭観戦ツアー」が組まれています。
諸々の手配は全て旅行会社が行うので安心です。
ナーダム観戦+モンゴル旅行もできるのでお得ですね♪

 

《現地で個人で購入する》

【発売日】
2017年7月7日から
*すぐに完売するかもしれないので早めの購入を!

【チケット窓口】
相撲会館または文化宮殿

【料金】一般席
・ツーリスト
25ドル

・ローカル
日よけシェードあり24,000Tg
シェードなし16,000Tg

*値段は高いですが、ツーリスト(外国人旅行者向け)のチケットを購入した方が、良い席で観れます

 

スケジュール

ナーダム祭(2017)の詳細スケジュールは、下記のサイトから確認できます。日本語です。

 icon-arrow-circle-right 2017ナーダム祭スケジュール

 

メインスタジアムの場所(グーグルマップ)

車で行く場合、駐車場利用には通行証の事前購入が必要です。

バスでも行けます。
【最寄りのバス停】
120 ийн автобусны буудал

競馬会場までは、車での移動になります。
駐車場を利用するときは、別途通行証の購入が必要です。購入はチケット窓口で。

 

まとめ

観戦チケットが入手できなくてスタジアムに入れない…という時は、テレビでも見れますが、やっぱり生で観るのがおススメです。

観客の歓声やその場の雰囲気、馬が走る砂誇り、夏の名物の馬乳酒の味や草原のいい香り…

ナーダム祭は是非、5感で楽しんでください!

 

スポンサーリンク

 

 - 祭り・イベント