30歳を過ぎて国際結婚アハハもあればトホホもある海外生活&モンゴル情報をお届け

モンゴルのウランバートルでおすすめNO,1ベーカリーカフェ【TOUS les JOURS】

2018/09/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

モンゴル・ウランバートルのおいしいコーヒーやケーキ、アンドウィッチやパンが食べれるベーカリーカフェをご紹介します。

ウランバートル市内にパン屋さんはたくさんあるのですが、パンの種類はどこも同じような感じで生地がパサパサでどうもイマイチ…。

そんな中、やっとおすすめできるカフェがありました!

韓国系ベーカリーカフェ「TOUS les JOURS(トレジュール)」。フランス語で「毎日」という意味だそうです。

韓国では街中でよく見かける大きなチェーン店です。

ウランバートル市内にはサーカス近くのソウルストリート沿いの1号店シャングリラモール1Fにある2号店と2店舗展開中です。

ウランバートルには、2018/8/28にノミンデパートにオープンする店舗を含めて5店舗あります。(2018/8/25現在)

  • ソウルストリート沿い (08:00AM~10:50PM)
  • シャングリラ・モール (08:00AM~10:50PM)
  • ナーダム・センターストア (09:00AM~10:00PM)
  • フヌーモール (11:00AM~09:30PM)
  • ノミンデパート 2018/8/28 オープン!

今回はソウルストリート沿いの店舗を紹介しています。

 

美味しいパンやケーキが並ぶ店内

どれを選ぶか迷うおいしそうなパン

おいしそうなパンがずらりと並んでいます。見ているだけでもウキウキ♪

パンの種類は、フランスパンやデニッシュ、ソーセージパン、韓国系のアンパン、揚げパン、チーズ系のなど多数あります。

値段は安いもので100円位から。お総菜パンは300円弱といったところです。

ウランバートルの他のパン屋では滅多に見かけない、クリームチーズやナッツ、クランベリーがゴロゴロ入ったパンがあります!

パン生地はしっとりフワフワ系。

冷蔵ケースにはサンドウィッチやサラダ、100%フレッシュジュースもありました

持ち帰り用にすると、お店の名前が入ったロゴ入りの袋に入れてくれます。

 

目移りしちゃう!おいしそうなケーキ

お店に入ると目に飛び込んでくるのが、ケーキのショーケース。

ホールケーキ、カットケーキが並んでいます。日によって、季節によって店頭に並ぶケーキの種類は少し変わるようです。

モンゴルで売っているケーキは、スポンジはパサパサでクリームはやたらと甘ったるく、おいしいとは言い難いケーキが多い中、トレジュールのケーキは値段は高いけど、味はまずまずです。

 

フルーツタルトケーキ

お誕生日のお祝いケーキとして買ってたフルーツタルトケーキ。

2500円くらいでした。

タルト生地にカスタードクリーム、その上に盛りだくさんのフルーツ。

フルーツが大きくて、カスタードが柔らかいので少々食べずらさはありますが、カスタードクリームが好きな人には満足できるケーキです。

 

ストロベリー・ティラミス・タルト

こちらはカットケーキ。300円位です。店内でも食べられます。

カスタード生地に濃厚なイチゴのクリーム。甘すぎずおいしかったです。

 

購入したパンやケーキも食べれる店内のカフェ

スポンサーリンク

フランスのカフェにいるかのような内装で、広々として落ち着いた雰囲気です。

子供用のチェアも4つほどあったので、子連れでも大丈夫です。

Free WiFiも利用でき、パスワードはレシート下に書かれています。

座席によってはコンセントも使用可能です。

 

座席にはメニュー表があって軽く食事もできます。

コーヒーは深入り系なテイストで、個人的には好きな味。アメリカンで200円位です。

注文と精算は、レジで済ませます。

 

コーヒー&パンおすすめの組み合わせ

かなり個人的な意見ですが…

コーヒーとパンのおすすめの組み合わせをちらっとご紹介。

モーニング編

モーニングをするなら、この組み合わせがお気に入りです。

  • Sausage Morning Bread
  • Frank Sausage Bread
  • アメリカンコーヒー

ぷりっぷりのソーセージが入ったソーセージブレッドとアメリカンコーヒーの組み合わせ。

モンゴルはマクドナルドがないから、朝マックみたいなメニューが恋しくなるのです。

午後のひととき編

  • クランベリーが入ったスィートロールの上にクリーミーなクリームチーズがのったブレッド(商品名忘れました)
  • カフェラテ

午後のホッと一息する時間にはおすすめな組み合わせ。

クランベリーの程よい酸味と甘すぎないクリーミーなクリームチーズの相性が良いです。

 

TOUS les JOURS(トレジュール)お店情報

TOUS les JOURS(トレジュール)

【住所】
Seoul St, Sukhbaatar District, Ulaanbaatar,

【営業時間】
月~金 8:00~23:00
土・日 9:00~23:00

【ノミンデパートから徒歩約10分】
ノミンデパートからサーカス方向へ→横断歩道(ソウルストリート)を渡り右方向へ→「SP」と書いてあるビルが目印。そのビルの隣です。

※他店舗の所在地はこちら→Tous Les Jours Mongolia

 

まとめ


関連記事≫モンゴルにもある!ファストカジュアルなおいしいバーガーショップ「BLACK BURGER FACTORY」

日本のカフェやベーカリ並な値段なので、モンゴルの物価からすると結構高めなんですが、スタッフのサービスも悪くなく、雰囲気の良い落ち着くお店で「おいしい」コーヒーやケーキ・パンが食べれるというのは、モンゴルではそう多くないので貴重です。

足しげく通いたくなるカフェです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    パンの料金を教えてください

    • チビママ子 より:

      一番安いパンで約100円ほど。
      おすすめで紹介しているお総菜パンは250円前後だったと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© チビママ子のブログ , 2017 All Rights Reserved.